医療コラム:痛風とはどんな病気?

 

痛風とは血液中の老廃物のひとつである尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

 

 尿酸値が高いと痛風になることも

尿酸値が7mg/dl以上を「高尿酸血症」といい、激痛などの発作が加わった場合を「痛風」と呼んでいます。従来は中高年の男性に多かった病気ですが、最近は食生活の変化に伴って20~30歳代の若い男性にも目立ってきています。

発症部位では足の親指の付け根以外に足の甲や足首、手首、膝などで起こることもあります。

 痛風の起こりやすい人はこんな人

>お酒や砂糖入り清涼飲料水をよく飲む。
>プリン体の多い食品をよく食べる
>激しい運動をすることがある
>20代以上の男性(30代男性の30%は尿酸値が高い)
>肥満
>ストレスを抱えている
>血縁者に痛風の人がいる
>水分をあまり取らない

 予防のコツ

痛風を予防・改善するためには、食べすぎに注意して肥満を改善すること、プリン体を多く含む高カロリー食やアルコールを控えることなどが必要です。

さらに尿酸の排出を促し、痛風の発作を起こさないために、水分を十分にとることも忘れずに。激しい運動も尿酸値を上げるので注意が必要です。

痛風と、その前段階である高尿酸血症を放置していると、高血圧や高脂血症、糖尿病など、多くの合併症を引き起こすこともわかってきました。

また同時に痛風と誤りやすい病気もたくさんありますので、自己判断せずにきちんと診察を受けましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム                   Q男性の性病について教えてください。   症…
  2. 「こども宇宙飛行士」に挑戦白血病を克服して宇宙の夢 「子供宇宙飛行士訓練プログラム」が今年も…
  3. 高齢者増加と少子化の問題労工福利局長が日本を視察 香港では平均寿命が日本より長く、出生率は日…
PAGE TOP