医療コラム:咽頭炎とは?

 

ウイルスや細菌によって引き起こされるのど風邪で、のどが赤く腫れて痛みが出ます。

 

急性咽頭炎とは、咽頭の粘膜とリンパ組織に炎症が起こる急性炎症性疾患です。いわゆるのど風邪と言われるものになります。口の中の、口蓋垂(こうがいすい)と扁桃(へんとう)やその周辺と口の突きあたり(咽頭後壁)が赤くなります。

急性咽頭炎はウイルスや細菌によって引き起こされます。疲れやウイルス感染などをきっかけに発症します。一般に、ウイルス感染と細菌の混合感染が原因で起こります。

主な症状として、食べ物などを飲み込むときに、のどに痛みや違和感があります。発熱や、筋肉痛、関節痛、全身の倦怠感といった症状が現れることがあります。

かかってしまったら、安静にし、水分補給、栄養補給を心がけましょう。混合感染に対しては適切な抗菌薬とかぜ薬の服用が必要になってきます。

急性咽頭炎は予防が重要です。手洗いやうがいをしっかりと行いましょう。また加湿も有効ですので、部屋の湿度にも気を配りましょう。そして、不調を感じたら早めに医師の診察を受けましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1.  日本とは異なる規定や慣習       香港の事情をよく理解しよう    …
  2. 097 号 香港ジャピオン(2019/05/20)電子版はコチラから☟htt…
  3. 医療コラムQ 子どもの気管支喘息について教えてください。A 息をする時、口か…
PAGE TOP