医療コラム:ウイルス性胃腸炎

 

ウイルス性胃腸炎は名前の通りウイルスに感染することで起こる胃腸炎で、
「おなかのかぜ」と言われることもあります。

 

 原因となるウイルスは様々

ウイルス性胃腸炎は名前の通りウイルスに感染することで起こる胃腸炎で、「おなかのかぜ」と言われることもあります。初秋から春先にはノロウイルス、真冬にはロタウイルスが流行し、アデノウイルスは夏をピークに一年中見られます。

 

 胃腸炎になってしまったら

安静にして、消化の良い食事を心がけることが治療の基本になります。小さいお子様の場合、体力を消耗してしまうこともあり、早めに医師の診察を受けた方が安心です。

嘔吐や下痢の症状から脱水症状に陥りやすいので脱水予防も重要になってきます。水分補給は少量を回数多く飲ませることを心がけ、上手に補ってあげるようにしましょう。補給する水分は、湯冷ましや麦茶、イオン飲料など電解質を含むものをおすすめします。

嘔吐が治まり、下痢だけになると食事を再開させましょう。野菜スープなどの、水分が多く消化がいいものから始めましょう。

ウイルス性胃腸炎は感染力が高く大人にも感染します。予防を徹底すること、感染してしまったあとは感染を広げないようにすることを心がけましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. J.Boroskiジェイ ボロスキースタイリッシュなバーで、…
  2.  2018年~2019年 インフルエンザ予防接種についてインフルエンザのシーズンがそろそろや…
  3. 青少年の自殺が増加の傾向 ユーチューバーが防止訴え香港大学の自殺防止研究センターが「世界自殺…
PAGE TOP