医療コラム:ぎっくり腰の原因

 

ぎっくり腰は重いものを持ち上げた際や急な動作、無理な動きをしたときなどに起こる突発的な腰痛のことです。

 

 ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は重いものを持ち上げた際や急な動作、無理な動きをしたときなどに起こる突発的な腰痛のことです。ぎっくり腰の原因の多くは筋肉の肉離れであるため、靭帯や筋肉の損傷により痛みを生じます。激痛を伴い、場合によっては立てない、動けない状態になります。

ぎっくり腰というと、立ち上がった瞬間に「ギクッ」という感じを覚え、急に動けなくなるシーンを想像しますが、そのときは特に痛みを感じないのに時間が経つにつれて痛みがひどくなるという場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 香港ジャピオン80号(2019/01/14)香港ジャピオン80号の電子版配信中!電子版は…
  2. 医療コラムQ ウィルス性胃腸炎が流行っていると聞きました。教えて下さい。A ウイルスが胃腸に…
  3. 龍翔道で交通事故、女性死亡配送用バンから投げ出され 九龍サイドの龍翔道で1月4日(金)夜8時…
PAGE TOP