医療コラム:ぎっくり腰の原因

 

ぎっくり腰は重いものを持ち上げた際や急な動作、無理な動きをしたときなどに起こる突発的な腰痛のことです。

 

 ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は重いものを持ち上げた際や急な動作、無理な動きをしたときなどに起こる突発的な腰痛のことです。ぎっくり腰の原因の多くは筋肉の肉離れであるため、靭帯や筋肉の損傷により痛みを生じます。激痛を伴い、場合によっては立てない、動けない状態になります。

ぎっくり腰というと、立ち上がった瞬間に「ギクッ」という感じを覚え、急に動けなくなるシーンを想像しますが、そのときは特に痛みを感じないのに時間が経つにつれて痛みがひどくなるという場合もあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Q 熱性痙攣(けいれん) について教えてくださいA 子どもの脳は熱に弱く、風邪な…
  2. 092号 香港ジャピオン(2019/04/15)電子版はコチラから…
  3. 図書館の貸し出しトップ10人気は金庸の小説と旅行本公共図書館はこのほど、「各種書籍貸し出しラ…
PAGE TOP