医療コラム:かかりつけ医のすすめ

 

香港での健康維持には、
良いファミリードクターを持つことが欠かせません。

 

 海外で病気…不安ですよね

何科にかかれば良いのか、予約が必要なのか、どうやって予約をとれば良いのかなど、分からないことも多くあると思います。普段、元気な時ならできる手続きや問い合わせなども、体調がすぐれない時はあまりしたくないものです。

香港の医療システムはイギリス式になり、GP(General Practitioner/家庭医、かかりつけ医)と呼ばれるファミリードクターと、専門医(SP)がいます。まずはファミリードクターにて診察を受けることが一般的です。良いファミリードクターを持つことが、香港での健康維持には欠かせません。そして、体調の異変などに気づいたら早めに診察を受けることが大切です。

香港には、日本語対応の病院や医療事務(保険キャッシュレス)病院があります。また往診サービスもあります。日系クリニックでは、専門医の予約や受診のサポートも可能です。わからないことは気軽に相談しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. ミニバスアプリ22年に登場 フェリー路線も復活、活性化林鄭月娥行政長官は10月10日(水)に…
  2. 政府、ランタオ埋め立て計画 住宅不足と就業機会対策へ香港政府は10月11日(水)、ランタオ島…
  3. 「山竹」後全域でビーチ封鎖 10月末にレパルスベイ再開康楽及び文化事務署は10月11日(木)…
PAGE TOP