医療コラム Q 新年度を迎え、どのようなことに注意しましょうか?

医療コラム

Q 新年度を迎え、どのようなことに注意しましょうか?

A 新年度になりましたね。新入園・入学・進級されたみなさん、おめでとうございます。この時期、生活環境の変化で体調を崩す子どもも多くいます。

春4月~5月頃は、冬の感染症が収束する時期です。春から流行する病気は少ないですが、入園や進級などの生活の変化で、お子さんたちは体調を崩しがちな季節になります。鼻水や発熱などの初期症状を見逃さないようにしましょう。

年間を通して、注意が必要なのは感染症の1つが、RSウイルス感染症です。飛沫感染、接触感染で発症します。風邪に似た症状で大人に感染しても軽い症状で済みますが、1歳未満の乳児に感染すると、重篤化する危険性もあります。

また、溶連菌感染症にも注意が必要です。症状は、のどの痛みや嘔吐、舌の発疹です。発疹はイチゴのように赤くブツブツができます(イチゴ舌)。抗生物質の投与で治りますが、ぶり返すことのある感染症です。処方された薬を飲みきるとともに、最後に検査を受けて完治したことを確認しましょう。

体調がいまひとつかなと感じたら、早めに受診するようにしましょう。

麻疹はしかのご相談もたくさん受けております。体調や健康不安はお気軽に相談下さい。

情報提供
さくらクリニック
6737-6200 (日本語医療相談24 尖沙咀・セントラル)
小児科専門医・内科・外科、海外旅行保険キャッシュレス/ヘルスケアプログラム

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラムQ子どもの咳が続いています。  病気でしょうか? マイコプラズマ肺炎は、肺炎マ…
  2. 香港航空、機内エンタメ中止一部社員の給与払い遅延も 香港航空は先ごろ、1月から機内エンターテ…
  3. 冬の3大イベントは実施へ一部変更も安全を最優先に 大型イベントやコンサートのキャンセルと延期…
PAGE TOP