セミナー体験リポート「香港からの住まいづくり相談会」


へーベルハウス主催
「香港からの住まいづくり相談会」

金利が安い今がチャンス?!


42歳駐在員。妻と11歳の子供の3人家族。子供が中学校に入学するタイミングで、家族は日本に帰国予定。夢のマイホーム購入を検討中。

 

香港滞在も3年目を迎えます。家族ともども住みやすい香港の生活には満足していますが、来年息子の中学校入学を機に、妻と息子は先に日本に帰国予定。このタイミングで夢のマイホーム購入を検討していたところ「ヘーベルハウス」さんの「住まいづくり相談会」があると知り参加してきました。

海外に駐在している状態でも、一定の条件を満たせば住宅ローンが組めるようです。このタイミングで「家づくり」をはじめると、いくつかメリットがあるようです。

ひとつめのメリットは、日銀がすすめている「マイナス金利政策」による低金利な住宅ローン。例えば、35年返済で金利が1.4%から2.4%に上昇すると、同じ10万円の返済額でも借入額が479万円減りますので、金利の安い今こそ長期固定金利で検討することがおすすめです。

ふたつめのメリットは、消費税の10%適用前の購入です。増税後も、住宅購入にはなんらかの特例が設けられるかもしれませんが、消費税が10%に増加した場合、3000万円の請負契約をすると、支払い合計額は60万円も増加することになります。来年3月中に請負契約さえ締結すれば、着工が2年後からでも消費税は8%が適応されるので、早めの準備はメリットが多いですね。

今年は日本も地震などの災害が多かったですが、「へーベルハウス」の家は「安心の家」がウリ。地震の揺れに備える「制震」という技術を全棟標準採用し、火災・水害に強い「ヘーベル版」を床・壁・天井に使用しているので安心です。

また、「ヘーベルハウス」は最大60年保証と独自の点検システム「ロングライフプログラム(30年目まで無料)」で、定期的に建物の不具合や劣化を細かくチェックすることで、住み心地と資産価値が高く保たれるそうです。

 


今回の講演者
へーベルハウス
木内 博

入社以来150棟以上をサポートするヘーベルハウスの海外担当営業マン。
香港のみなさま、お気軽にご相談ください。


▼メール:kiuchi.hc@om.asahi-kasei.co.jp
▼HP:http://www.hebel-kaigai.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 医療コラム Q 熱性痙攣(けいれん) について教えてくださいA 子どもの脳は熱に弱く、風邪な…
  2. 092号 香港ジャピオン(2019/04/15)電子版はコチラから…
  3. 図書館の貸し出しトップ10人気は金庸の小説と旅行本公共図書館はこのほど、「各種書籍貸し出しラ…
PAGE TOP